On Sale

コンゴ ムンガロウォッシュ

サイズ
形状
セール価格

  • - 0%
  • 通常価格 ¥800
    ( / )
    送料は、チェックアウト時に計算されます。

    アフリカコーヒーの美味しさの秘密と言われている大地溝帯(グレートリフトバレー)。その西リフトバレーに位置する産地がコンゴ民主共和国です。近隣国にウガンダがエドワード湖をまたいで位置し、下にはルワンダがあります。私自身コンゴのコーヒーに関しては、そこまで経験がなかったために、品質評価でカッピングした時には感動でした。こんなに豊かな香味なのかと改めてアフリカのポテンシャルのすごさを感じさせてもらいました。香味は「花・紅茶・チェリー・ライム」といった色々なものが口いっぱいに広がり、そして鼻に抜けます。

    味・特徴

    花、紅茶、チェリー、ライム

    ■フレーバーノート:Floral, Jasmin, American Cherry, English Tea, Lime

    焙煎度合い

    シティロースト 

    農園

    Kongo

    コパーデ組合は、2014年に設立されました。今では女性1,732 名、男性2,786 名で構成されたこの組合は、それぞれの集落に設置された16のミニウェットミル(小さな加工場)を所有し、 品質向上に取り組んでいます。今までこの地域のコーヒーは、隣のウガンダからバイヤーが訪れ、ウガンダへ運ばれていましたが、その美味しさに気づいた小農家の皆さんが自主的に自分たちのコーヒーを自らの手で最高のものに仕上げようと小さな組合が出来上がり、徐々にその規模を拡大していきました。 今では、ロンドンに拠点を置く「Farm Africa」がEUプロジェクトとしてこのコパーデ組合ともう一つの組合を大きく支援し、コーヒー栽培技術の向上、精選方法技術の向上、環境保全活動のための環境教育とその具体的な活動をしています。環境保全活動は、広大なビルンガ国立公園内のローランドゴリラを含めた野生動物の保護活動を中心とした環境保全をしています。

    農園 Kongo
    生産国 コンゴ
    地域 北キブ県、エドワード湖、ビルンガ国立公園周辺
    品種 ブルーマウンテン、カツアイ、ルモンガボ(現地名,ブルボン)
    標高 1300~2100m
    精製方法 ウォッシュド
    規格