On Sale

完売August Single Origin コスタリカジャガーハニー

サイズ
形状
セール価格

  • - 0%
  • 通常価格 ¥1,350
    ( / )
    消費税込 送料は、チェックアウト時に計算されます。

    September Single Origin 8月限定コーヒーです!!

    Costa Rica Jagur Honye

    ハニープロセス製法で作られた甘みを大切にした製法。レッドハニーはさらに甘さが感じられます。

    焙煎度合い

    ミディアムロースト

    味・特徴


     香り5酸味3甘味5苦味1

     農園:ジャガーハニー

    生産国 コスタリカ
    地域 トレスリオス、タラスウン
    品種 カツーラ、カツアイ 
    標高 1,400~1,700m
    精製方法 ハニープロセス レッドハニー
    規格等 SHB,16SHB,16up,天日乾燥、アフリカンベッド、シェードグロウン

     

    ハニープロセス レッドハニーについて

    コーヒー豆の表面の皮をはいだ後、種の周りについているミューシレージという粘液質を残した状態で乾燥させていきます。ミューシレージの甘みがに移り蜂蜜のような味わいになることからハニーと呼ばれています。パルプドナチュラルから進化したもので、市場でも注目度の高い精製方法です。
    イエローハニー、レッドハニー、ブラックハニーがあり、ミューシレージの量や乾燥時間(発酵度合い)により変わってきます。

    コスタリカ ジャガーハニーについて
    ハニー製法の中でも、バランスの取れたハニーらしさをしっかりと有した、レッドハニーで仕上げています。サンホセ郊外にあるサンディエゴ工場にて、1 週間以上の乾燥工程を経て、適切な水分値まで下げられる間に、甘味成分が中へ浸透し、柑橘っぽさや、キャラメルフレーバーとともに、まろやかな口当たりと繊細な風味を醸し出します。ハニー製法は、よくどれだけのミューシレージを残しているかで、ブラック・レッド・イエロー等の色が決まると言われていますが、どちらかというとそうではなく、どれだけ乾燥中に発酵を促したか、で色合いが決定します。好気性発酵ですので、発酵をしすぎると嫌味な香味になりやすいため、ハニー製法はしっかりと乾燥時の管理が重要となります

    National Conservation Programme

    ボルカフェとFUNDAZOOの合意のもと、2010年にコスタリカに生息する絶滅危惧種ジャガーを保護するために立ち上げたプロジェクトです。
    2010年から開始されたジャガーコーヒープロジェクトは、高い品質水準を満たした1500m以下の小農家のコーヒーを完熟コーヒーのみを使用して作れらております。
    品質基準は、高品質コーヒーを作り出すということだけに注力したものではなく、それに関わる小農家の皆さんやそのコミュニティの向上、環境保全も含めた基準となっております。・・・・・・
    ボルカフェコスタリカはジャガーコーヒーに対して、1ポンドあたり1セントの寄付を行い、その寄付金は保全活動・研究分野に活用されます。
    またこの協力協定は、一般消費者がこのコーヒーを購入することによって、コスタリカのジャガー保護の活動に貢献することを意味します。こちらを引用しました。