On Sale

June Single Origin ボリビア クシジョ農園 スペシャルティ

サイズ
形状
セール価格

  • - 0%
  • 通常価格 ¥1,620
    ( / )
    消費税込 送料は、チェックアウト時に計算されます。

    ボリビア TOPスペシャルティ クシジョ農園 ウォッシュ

    農園名のクシジョとは「猿」の意味で、ボリビアの民族舞踊に登場する明るく陽気な道化師のキャラクターからつけられました。
    収穫の際のピッキング、乾燥の水分値管理、乾燥後の選別など、ボリビアコーヒーの驚くほどの甘さとクリーンさの裏側には、ロドリゲス一家の一貫した管理があります。

    ロースターより

    スパイスやワインのようなニュアンスがあり、ただのフルーティで終わらないコンプレックスなフレーバーが有ります。深煎りでビターさと熟したフルーツの印象と口に含んだ瞬間のワインのような印象が特徴的です。
    甘さ、フレーバー、ボディ様々な角度でお楽しみください!

    味・特徴

    スパイス、ワイン

    焙煎度合い

    フルシティロースト

    香り3 酸味2

    甘味3
    苦味4
    コク4

     

    農園について

    ボリビアは6000m級の山々や渓谷、アマゾンなど、そのバラエティに富んだ地理的要因のため、地域によって気候がまったく異なる珍しい国です。 その高い標高と肥沃な土壌から高品質のコーヒーが栽培される地域として知られています。そのユンガスの中に位置するラパスでアグリカフェ社は生まれ、8つの自社農園の運営、また地域のコーヒー農家さん達の支援を精力的に行っています。
    クシジョ農園はその自社農園の1つでボリンダに位置します。そんなクシジョ農園は1500mを超える高地にあり昼夜の寒暖差が大きい為、コーヒーチェリーはゆっくりと育ち、内部に糖分をしっかり蓄えることができるのです。 そして真っ赤に熟したチェリーは、ロドリゲス一家によって教育されたピッカーたちによって丁寧に摘まれ、その日の内にカラナビの町にあるウェットミルに運ばれます。
    パルピング後は目標の水分値にいたるまで、アフリカンベッドと乾燥機によってこまめに撹拌されながら乾燥され、パーチメントの状態でラパスにあるドライミルに運ばれます。このドライミル「ラ・ルナ」では脱殻後、光選別やハンドピックなど、さまざまな選別にかけられ、輸出用の規格に仕立て上げていきます。このようにボリビアコーヒーの驚くほどの甘さとクリーンさの裏側には、ロドリゲス一家の一貫した管理があるのです。

    生産国 ボリビア多民族国
    地域 ラパス県 カラナビ地区南部 ボリンダ
    品種 レッドカツーラ、イエローカツーラ
    標高 1,500~1,850m
    精製方法 ウォッシュ