On Sale

June Single Origin ボリビア ソル・デ・ラ・マニャーナ ウォッシュド スペシャルティ

サイズ
形状
セール価格

  • - 0%
  • 通常価格 ¥1,728
    ( / )
    消費税込 送料は、チェックアウト時に計算されます。

    ボリビア ソル・デ・ラ・マニャーナ ウォッシュド

    アグリカフェ社による農家さんたちのチェリーの収穫量と品質の向上、ひいては生活の向上と安定を目指す「ソル・デ・ラ・マニャーナ(朝の太陽の意)」というプログラムから生まれたコーヒー。
    これは農家さんの為の学校のようなプログラムで、苗床から始まり、植え付け、収穫、害虫駆除、剪定などコーヒー栽培に必要なノウハウを何年もかけてひとつひとつ伝えていくというものです。
    口に含んだ時にマスカットのような爽やかなフレーバーが感じられます。
    刺すような刺激もなく、オレンジやアップルなどの香味と高い糖度と相まってフルーツジュースのような味わいです。

    ロースターより
    ゆっくりとハゼさせ香りを引き出すように焙煎し、フルーティーでジューシーさを残す為浅煎りで焙煎しました。

    味・特徴
    マスカット、オレンジやアップルなどのフルーツジュース

    焙煎度合い
    シナモンロースト

    香り3 酸味2

    甘味3
    苦味4
    コク4

    農園情報

    創業者の父ペドロ・ロドリゲスはもともとコモディティコーヒーを中心にコーヒーを扱っていましたが、2010年にその娘ダニエラと息子ペドロ・パブロの2人がアグリカフェ社に加わると、縮小を続けるボリビアのコーヒー産業を復興させるべく高品質なスペシャルティコーヒーの生産に方針の舵を切りました。
    2012年に初めての自社農園を構え、高品質かつ多く実をつけるコーヒーを得るためのノウハウを蓄え、地域の農家さん達にも惜しみなくそのノウハウを伝えていきました。こうしてロドリゲス一家には高品質なスペシャルティコーヒーが集まりはじめ、安定的にスペシャルティコーヒーを生産することを国内で初めて成功させました。 もともとの豊かな土壌や気候に加え、適切な管理を施したロドリゲス一家のコーヒーは、たちまち評判となり、今では最高品質のコーヒーとして、世界のスペシャルティコーヒー市場で高い評価を集めています。

    生産国 ボリビア多民族国
    地域 ラパス市、イルパナ地区
    品種 カツーラ、カツアイ、ティピカ
    標高 1,650~2,000m
    精製方法 ハニー