On Sale

September Single Origin ミャンマージーニアス アナエロビック

サイズ
形状
セール価格

  • - 0%
  • 通常価格 ¥1,404
    ( / )
    消費税込 送料は、チェックアウト時に計算されます。

    September Single Origin 9月限定コーヒーです!!

    Myanmar Genius Anaerobic

    アジアのパナマコーヒーとも言われ経済成長著しく発展をしているミャンマーコーヒー。良質なコーヒー豆を作るため、品質管理を徹底してコーヒー産業を大きなものへとつなげています。サスティナブルな取り組みやコーヒーベルトとしての認識など様々な形で注目度の高い国。ジーニアスは中でもさらに美味しい豆を作るために取り組みを進めています。今回ご案内する豆は、アナエロビックファーメンテーション(嫌気性発酵)

    焙煎度合い

    ミディアムロースト

    味・特徴

    アップル、ブルーベリー、シロピー、

     香り5酸味3甘味5苦味1

     農園:ジーニアス

    生産国 ミャンマー
    地域 シャン州ユアンガン
    品種 カツーラ、カツアイ、サンラモン
    標高 1,400~1,600m
    精製方法 ウォッシュド アナエロビックファーメンテーション(嫌気性発酵)
    規格等 規格なり、天日乾燥、アフリカンベッド、農薬不使用
    クロップ 19/20

     

    農園情報

    ミャンマーのコーヒーは、アメリカでは東洋のパナマと称されるほど、東南アジアで美味しいコーヒーができる新しい産地として近年注目を浴びています。小規模農家が中心のユアンガンは、土壌の豊かなシャン州の中でも最大級の生産量を誇る地域。Genius Shan Highlands Coffee は、現地の社会的企業として農家さんとともに成長を続けています。技術指導や苗木・資材等の提供環境に配慮した栽培手法や精製方法の導入にも取り組んでいます。2018年に地域最大の精選場をオープンし、ユニークな発酵方法や比重選別機の導入など、品質向上への挑戦を続けています。

    アナエロビックファーメンテーション(嫌気性発酵)

    コーヒーチェリーを空気が遮断した状態でタンクや容器に入れて発酵させていきます。ワインなどに使われる製法の一つです。
    近年、ハニープロセスなど、発酵が一つのコーヒーの味を作るキーワードとなっています。ミューシレージの発酵、果肉の量を調整し、時間のかける時間によって発酵を変えるものなど様々どれも空気はある状態で発酵させていきます。
    嫌気性発酵は空気がない状態で行われます。
    それは空気を嫌う微生物によって発酵を促し、新しいフレーバーを作るといわれています。しかしまだまだ未知状態でどのようなフレーバーが出てくるかは画一されていませんので、デメリットも否めない製法でもあります。しかしながら昨今スペシャルティコーヒー豆の風味特性が注目され、それを求める市場があります。
    この作業をするには、かなりの投資も必要となるため、一般化していくにはまだまだ道のりはあるのかもしれないです。
    今回は嫌気性発酵後にウォッシュド製法として仕上げてあり、ブルーベリーのような風味特性に作られておりますため、再現できるように焙煎をしてます。是非お試しください。